*

子供の中耳炎の症状は!?熱がでた時の対処方法

公開日: : 最終更新日:2015/10/23 耳の病気・掃除

子供 風邪「子供が耳が痛いと泣いている」
「熱もあるしどうすればいいのか!?」
「名前を呼んでも反応しないし、頻繁に耳を触っている」

そんな時、もしかしたらお子さんは中耳炎かもしれません。
急に対応を迫られると、どうすればいいのか分からず不安になりますよね。

・中耳炎になった時の対処方法
・中耳炎の治療方法
・子供の中耳炎の症状
・日頃からできるの予防

気になる上記項目を整理しました。
適切な対処をしてお子さんを早く楽にしてあげるためにご活用下さい。

スポンサードリンク

子供が中耳炎になった時の対処方法

応急処置

耳の痛みと熱について記載します。

  • 子供用の解熱鎮痛薬を使う
  • 座らせるか立たせる(鼻の通りが良くなり痛みが軽減できる場合がある
  • 解熱シートや氷をタオルでくるみ痛い耳に当てる
  • 部屋を涼しくしたり、窓を開けたりして温度を下げる
  • 冷たい飲み物を飲ませる

耳鼻科に行く

耳の痛みを訴えている場合は耳鼻科へ行きましょう。
痛みを訴えておらず風邪と判断し小児科へ行った場合でも、「もしかしたら中耳炎かも!?」と気に留め先生に診てもらうようにしましょう。

中耳炎の治療方法

問診と視診がメイン

問診:小さいお子さんの場合の場合家族が対応するので様子を分かりやすく伝えましょう。
視診:耳鏡という器具で耳の中を観察し鼓膜や耳だれを確認します。
医者2

どんな処置をするのか!?

軽度の場合:鼻水や耳だれを吸って痛み止めをもらいます。
腫れがひどい場合:上記から更に抗生物質を服用し痛みと炎症をおさえます。

抗生物質で治らない時は鼓膜を切開することもあります。
ただ、鼓膜は再生するので耳は聞こえるように回復します。
落ち着いて対応しましょう。

自宅での対応

お医者さんの指示をちゃんと守る
コレが大事です。

痛みや熱がある場合も1~3日で治まりますが、これで完治ではありません。細菌は耳の中にまだ沢山残っています。

中耳炎は完治まで時間のかかる病気(場合によっては3か月くらい)です。先生のOK判断があるまで薬は飲み続けましょう!!

耳の痛みや熱は子供が症状訴える事で気付きますが、やはり大切なのは早期発見。次は中耳炎の症状を整理します。

スポンサードリンク

子供の中耳炎の症状

症状一覧

以下のような症状がある場合は中耳炎の可能性があります。

  • 耳を痛がる
  • 耳垂れが出る
  • 発熱
  • 特に理由もないのに泣きだす(実は耳が痛い)
  • テレビの音を大きくするようになった
  • しゃべる声が大きくなった
  • 呼んでも気付かない、返事が遅い
  • 頻繁に耳をさわる

子供が中耳炎になった方の経験でよく言われるのが
「機嫌が悪く、ぐずりながら耳をさわっていたら中耳炎」
です。

上記一覧の後半が「親が発見できる」項目です。
まだ喋れない子供の場合は親の気付きが大切です。

風邪で鼻水が続くような場合は中耳炎を併発している可能性がありますので、上記症状を要チェック!!後々難聴の原因になったりすることもあるためきちんと対応しましょう。

ここで気になるのは「なぜ風邪になると中耳炎になりやすいのか!?」
中耳炎とはそもそもどんな病気なのかと合わせて次に記載します。

中耳炎とは

耳管を通って中耳に入った細菌やウイルスが鼓膜や鼓室に炎症を起こす病気
耳の構造は以下の図を参照ください。

耳の構造
引用元:bernafon はじめての方へ 「難聴」と「聞こえ」より

鼻と耳は奥でつながっていています。
子供は耳管が発達しておらず、大人に対し短く/太く/まっすぐです。

そのため風邪をひいた際のウィルス&細菌が沢山の鼻水が耳管を経由し中耳に到達しやすい。

と言う流れです。
そして中耳炎は以下2種類に分類されます。

◆急性中耳炎=痛い中耳炎

炎症により圧がかかり神経が圧迫、または鼓膜が内側から圧により押される事で痛みます。

◆滲出性中耳炎=痛くない中耳炎

「中耳」に液体がたまった状態の中耳炎です。
「しんしゅつせいちゅうじえん」と読みます。
音を伝搬する鼓膜や耳小骨の動きが悪くなり、聞こえが悪くなります。

子供の80%は後者に該当すると言われています。ただし、痛くないからと言って放置しておくと将来難聴になってしまうことがあります。繰り返しになりますが早期発見&治療が大事です。

症状と病気の内容が分かったところで、最後は日頃から出来る予防を記載します。

日頃からできる中耳炎の予防

子供の中耳炎は風邪を引いたときに起きやすいので、風邪を予防が一番大事です。

とは言え子供は突然風邪をひくもの(^^;)
そんな時は以下2点に注意して中耳炎予防をしましょう。

・鼻水をすすらせないで、こまめに鼻をかませまる
・鼻をかませるときは片方ずつしっかりかませる

子供 鼻

まだ鼻をかめないお子さんの場合は鼻水吸引器を使いましょう。
薬局などに置いてあります。

まとめ

・子供の機嫌が悪く、ぐずりながら耳をさわっていたら中耳炎を疑ってみる
・中耳炎は中耳に入った細菌やウイルスが鼓膜や鼓室に炎症を起こす病気
・痛い中耳炎と痛くない中耳炎がある
・耳の痛みや熱がひどい時はまず応急処置
・症状が明らかに忠治炎の場合は耳鼻科へ
・中耳炎は完治まで時間のかかる病気
・中耳炎予防=風邪予防

子供の病気はいつも突然。そんな時、必要以上に慌てず適切な対応が出来るよう、お互い少しずつ知識を増やしていきたいですね。

お時間/興味がありましたら以下関連記事もご参照ください。
大人の中耳炎の症状は!?よくある原因から治療法まで
耳が痛いし頭痛も酷い。そんな時の応急処置から原因まで

最後まで読んで頂き、ありがとうございました。

スポンサーリンク

関連記事

頭痛

耳が痛いし頭痛も酷い。そんな時の応急処置から原因まで

「耳が・・・痛い!!」 「頭も痛い~~!!」 耳の中がズキズキ、触るとビリビリ痛い。更には頭

記事を読む

耳掃除の画像

耳垢掃除のコツ。その方法、実は逆効果かも!?

「あぁ~気持ちぃ~」 「お~!!大物がゴッソリ取れた~」 ちょっと汚いですが耳掃除での会話で

記事を読む

耳の構造

大人の中耳炎の症状は!?よくある原因から治療法まで

「大人は子供より中耳炎になりづらい」 「大人の中耳炎は治りづらい。しかも症状が辛い」 中

記事を読む

耳に水が入って抜けない時の対処法一覧とNG行為

「プールで泳いでる時に」 「お風呂でシャワーを浴びている時に」 「海水浴で波にのまれた時に」

記事を読む

PAGE TOP ↑