*

こどもの日の由来は?何のため?何するの?

公開日: : 最終更新日:2015/10/12 4月, 5月

こいのぼりの画像
5月5日は子供の日。
自分が子供の頃は

「GWの中の1日」

くらいの感覚でそれ以上は不明。
こいのぼり、兜、柏餅くらい。

目的、由来、背景、ご存じですか?

スポンサードリンク

5月5日が「こどもの日」ってだれが決めたの?

日本の法律で定められています。
正確には「国民の祝日に関する法律」だそうです。

自由と平和を求めてやまない日本国民は、美しい風習を育てつつ、よりよき社会、より豊かな生活を築きあげるために、ここに国民こぞって祝い、感謝し、又は記念する日を定め、これを「国民の祝日」と名づける

美しい風習を育てて、社会と生活をより良くする。
祝日にこんな高尚な目的があったんですね。

知らなかった。。。
1948年に施行されていて、祝日は年間15日あります。

「こどもの日」は何を祝う日なのか?

国民の祝日に関する法律には以下のように記載されています。

こどもの人格を重んじ、こどもの幸福をはかるとともに、母に感謝する

簡単に言うと、
「親は子供を大切にしましょう。子供は母に感謝しましょう。」
ですかね。「父」は、感謝されないのか?

「母に感謝する」は、全然知らなかったし認知されていない気がします。
一般的には「子供の健全な成長を願う日」 となっていますね。

どんなふうに祝っているのか?

もともと男の子の成長を祝う「端午の節句」の日でもあるため、
その行事の内容があります。

・鎧兜、五月人形を飾る
  ⇒子供に降りかかる厄除けとして。
   4月上旬の良い日を選んで約1か月間ほど飾る家庭が一般的

・鯉のぼりを設置する
  ⇒逆境にめげず初志貫徹する子供になる事を祈って。
   中国の登竜門の故事に由来(ご存知の方も多いはず)
   「黄河の上流の急な流れを鯉が上りきり龍になった」と言うお話。
   4月上旬から泳ぎはじめています。

・菖蒲湯に入る
  ⇒強い香りによる厄除けとして。

・ちまきを食べる(初節句)
  ⇒厄除けとして。

・柏餅を食べる(2年目以降の節句)
  ⇒子孫繁栄を祈って(の説が有力)
   かしわの葉は新芽が育つまで落ちることが無いため、
   「子供が育つまで親が死なない」と考えたようです。

まとめ

・こどもの日は「国民の祝日に関する法律」で定められていた
・目的は「子供の健全な成長を願う日」
・けど本来の目的には「母への感謝」もある
・祝う内容は端午の節句の内容が引き継がれている

調べてみると日本の祝い事には深~い文化がありますね。
ちゃんと背景を知って日本の文化を大切にしたいと思いました。

が、こどもの日に限らず日々、家族に感謝する気持ちを大切にしましょう。

スポンサーリンク

関連記事

こいのぼりの画像

こいのぼりの季節到来。気になるアレコレ調べました

大空を優雅に泳ぐ鯉のぼり。 そもそも何のために飾るのか? 目的、サイズ、お値段、

記事を読む

五月人形

五月人形・鎧兜の相場、選び方は?いつ買いに行けば良い?

端午の節句で飾る五月人形。 初めて買う場合は色々迷いますね。 「端午の節句って何する

記事を読む

世界最大の鯉のぼり

五月晴れ。実は五月の事じゃあない!?

最近は初夏のように暑いですね。 もう「五月晴れ」の域を超えている!? どこまでが「五月晴れ」

記事を読む

足利フラワーパークに藤を見に行こう!!見頃はいつ!?

「世界一美しい藤」 「世界でも珍しい八重の大藤」 「長さ80mの藤のトンネル」 毎年4月中

記事を読む

渋滞の画像2

GW渋滞予測2015!!ピークはいつ!?対処法は!?

「何でこんな思いをしてまで渋滞につかまらなきゃいけないんだ!!」 「すごく楽しい旅行だったのに

記事を読む

高校の入学祝いの相場‼︎姪や甥へのリアル金額を徹底調査‼︎

「甥っ子の高校の入学祝いはいくらにすればいい⁉︎」 「姪っ子に入学祝いを渡したいけどタイミ

記事を読む

道

東北道の渋滞予測!!いつ/どこが混む!?

「やっと抜けたと思ったらまた渋滞だ~!!」 「混むのは分かってたけど全然進まない・・・」

記事を読む

母の日=カーネーションの由来。花の色にも意味がある!?

「何で、母の日=カーネーションなんだろう!?」 「カーネーションだったら何色でもいいの?」

記事を読む

ひまわりの画像

日焼けで痛い!!そんな時の正しいケアは?

「容赦なく照りつける太陽!! コレでこそ夏だ!!」 な~んてはしゃいだ結果、 あとで悲惨な

記事を読む

入学子どもイラスト

美味しいおにぎりの作り方!!目指せ「おふくろの味」

「口の中でホロホロっとご飯がほぐれて、 口の中いっぱいに優しく広がるお米の旨み・・・」

記事を読む

PAGE TOP ↑