*

虫歯治療。神経を抜かれた後に待つ運命とは?

公開日: : 最終更新日:2015/10/23 虫歯、歯周病、口内環境改善

歯磨きの画像2毎日ちゃんと歯磨きしていますか!?

大抵の方は「Yes」ですね。
けどもし「No」の場合はどうなるのか?

思わずちゃんと歯磨きしたくなる、
そんな過酷な未来をご紹介します。

スポンサードリンク

突然ですが、自分は大人になってから歯医者で泣いた事があります。
ひどい虫歯になり、神経を抜かれた時の話です。

その時の状況は コチラを参照ください。
今回は、あなたが同じ辛い経験をしなくて済むように、
自分の将来に待ちうける1つの暗い運命を書きます(泣)

書いてると正直テンションあがりません。。。

まず「歯の神経を抜く」という行為。
これは歯にどんな影響を与えるか調べました。

歯の中心部には、細かい血管や神経が入り込んでいる場所があって、
歯髄(しずい)と呼ぶようです。


神経を抜く=歯髄を取り除く

じゃあ、歯髄の役目は何か?


神経と血管があり、そこから歯に栄養を供給している

血管を抜くと栄養素の供給が止まります。

つまり、栄養不足で歯が弱くなり、最後は死にます。
だから、寿命が短くなります。

するとどうなるか?
虫歯が再発したり、歯が割れてしまったり・・・
トラブル続出する可能性が高くなります(泣)


神経を抜いた歯の“生存率”は5~30年とも言われています。

※諸説あります。すごく個人差が大きいそうです。

抜いた後はどうなるのか?
インプラント、ブリッジ、部分入れ歯等の対応が必要。

インプラントとか・・・
骨にネジ打ち込んでますけど・・・
手術をイメージしただけももう無理・・・(泣)

気になる方はコチラのHPが図解でわかりやすいです。

神経を抜いてもその後ちゃんとケアすれば何十年も保つ。
と言う意見もありますが、怖いですよね?

もう一つ。歯の神経を抜く治療自体が恐怖です。
実体験を参考までに書きます。

スポンサードリンク

歯の神経の取り除き方。
思い出したくもないですが・・・

歯をがっぽり削り、細い器具で直接ガリガリ削り取ります。
当然麻酔はしますが、振動、音でどんな事をしているか、
はっきり分かります(泣)

ホントに、血の気が失せます。
その上、ちゃんと取り除けているかの確認。

これ、どうすると思いますか?
「チョロ」っと水を垂らすんです。

想像してみて下さい。
剥き出しの神経に直接水をかけるんです!!!

激痛ですよ。拷問です!!自分が泣いたのココ!!
※自分が悪いんですけどね・・・

どうでしょう?
歯を大事にしたくなりましたか?

毎日歯磨きをしていても半年に1回くらいは歯医者に検診に行きましょう!!
それで上記のような苦痛を予防出来るとしたら安いモノです。

自分の歯の健康は自分で守りましょう。

スポンサーリンク

関連記事

口内炎の原因はビタミン不足!?実はまだあるその他の注意点

「口内炎が痛いからゴハン食べたくない」 「口内炎に当たるからしゃべりたくない」 出来

記事を読む

歯が痛い

親知らず抜歯の痛みはいつまで!?気になる内容を実体験レポ!!

「親知らずが原因で歯が磨けていないですね~」 「親知らずが埋まっている箇所の歯周ポケットが深い

記事を読む

歯磨きの画像

電動歯ブラシで歯磨きの時短&質の向上

朝忙しい時、夜疲れてる時、 歯磨きって結構面倒ですよね。。。 ・歯磨きする時間を短くしたい

記事を読む

虫歯の画像

歯茎が腫れて痛い!!応急処置から日頃の予防まで

「歯茎が腫れて痛い」 あなたも1度は経験ありますよね? 管理人は昔ちょくちょくありました

記事を読む

歯医者

歯についた歯石の除去は痛い!?気になる内容を実体験レポ!!

「歯医者に行ったら歯石除去されてすごく痛かった」 「うがいしたら血まみれだった」 「あまりに

記事を読む

PAGE TOP ↑