*

耳垢掃除のコツ。その方法、実は逆効果かも!?

公開日: : 最終更新日:2015/10/23 耳の病気・掃除

耳掃除の画像「あぁ~気持ちぃ~」
「お~!!大物がゴッソリ取れた~」

ちょっと汚いですが耳掃除での会話です。
※どーでも良い話ですが、管理人は耳掃除が大好き(笑)

自分の耳を掃除するのはもちろん、子供の耳掃除も楽しい。
特に子供は大物が取れる確率が高い!!

「ごそっ」と取れた時の達成感はクセになります。
とは言え、小さくてデリケートな「耳」。掃除するにも注意が必要です。

「耳の構造はどうなっていてどこまで掃除していいのか?」
「耳垢ってそもそも何?何か役割があるの?」
「自分に最適な耳掃除の手法は?」

素朴な疑問から楽しく安全に耳掃除する方法まで、
必要な情報をまとめました。

スポンサードリンク

耳の構造はどうなっている?

こうなっています↓

耳の構造出典bernafon

耳の穴の入口から鼓膜まではたった3cm程
しかないんです。

自分もしくは他人の耳を掃除してすでに体感していると思いますが、
外耳道はS字状に曲がった形をしています(個人差はあります)

ここに溜った耳垢を掃除していくわけですね。
ところでこの「耳垢」。何気なく掃除していますが一体何者なんでしょうか?

耳垢の正体と役割

「耳垢腺」と「皮脂腺」の分泌物+垢+埃等の混在物

これが耳垢の正体です。

「耳垢(じこう)腺」と「皮脂腺」は先程の図の外耳道(がいじどう)にあります。
耳垢腺というのは汗腺の一種。皮脂腺は、脂を分泌する腺です。

「皮脂」=「オイリー」「テカテカ」などマイナスイメージがありますが、
この皮脂が皮膚表面に膜をつくることで「保湿/抗菌/潤滑」などの役目を果たしています

ガードマン
外耳道の薄くデリケートな皮膚を守る大切な機能です。
そしてこの耳垢、実は2タイプあります

耳垢は「乾燥」と「湿性」の2タイプ

管理人の一族は全員「乾燥耳垢」タイプでした。
社会人になって初めて「湿性耳垢」タイプの存在を知りました(笑)

日本人は80%以上が乾燥。残りの20%が湿性タイプと言われていますが、
世界的には白人/黒人共に90%以上が湿性タイプだそうです。

耳垢のタイプが分かったところで、
次は自分の耳掃除に最適な道具を選択しましょう!!

スポンサードリンク

お掃除方法の選択と手法

代表的な耳かきと綿棒、最後にプロである耳鼻科の順にメリット/デメリットで整理しました。

耳かき

耳掃除と言えばコレ。最もなじみ深い道具。乾燥タイプの方におススメ。
竹で出来ていて自分も愛用中。最近ではプラスチックや柔らかいシリコン製もあります。

◆メリット
しっかり耳が搔けます。大物が「ゴソッ」とれる爽快感は最高
(^^)

◆デメリット
竹などの比較的固い材質の場合、外耳道や鼓膜を傷つけることがあります。
「大物を取りたい!!」と欲に駆られて力を入れると痛い目に・・・

他にも「うっかり奥に入れすぎて痛かった」「子供が耳掃除中に急に動いて。。。」
ペットがじゃれてきて手元が狂った」等々、周囲に注意が必要です。

◆掃除方法

  1. 鼓膜に触れないよう先端から2cmくらいを持ちます。
    ※目安。個人差があるので自分のベストポジションを探して下さい。
  2. 耳かきを外耳道に触れないよう「そっと」入れて、外にまっすぐ引き抜きながら掃除
    ※間違っても耳アカを奥へ押し込んだりしないよう注意!!
  3. 全方向同じように、優しくまっすぐ掃除

強く掻いたり、奥まで入れ過ぎると鼓膜や皮膚を傷つけてしまう可能性があります。
「そっと」「優しく」「まっすぐに」拭き取ってください。

綿棒

こちらも愛用者が多いですね。湿性タイプの人におススメです。

◆メリット
竹の耳かきに比べて柔らかく、耳を傷つける可能性が低いので安全。
ただし太さに注意が必要です。耳の穴に対して太いと耳垢を奥に押し込んでしまいます。

◆デメリット
ある程度耳垢が溜まっ状態で使用すると耳垢を奥に押し込めてしまう恐れがあります。
この場合は次に紹介する耳鼻科に行きましょう!!

◆掃除方法
基本は耳かきの時と同じです。
「そっと」「優しく」「まっすぐに」拭き取ってください。

掃除するタイミングですが、風呂上がりが良いです。
入浴後で相当耳の中が湿った状態の方がまとまって取れたりします。

耳鼻科

最後はプロの耳鼻科の紹介です。
自分は未体験ですが情報収集してみました。

◆メリット
プロなので安心&確実に耳掃除してくれる。

時間も重症でなければ数分のレベル。

◆デメリット
強いてあげるなら病院に行く手間と費用でしょうか。
保険が適用されるので数百円程度だそうです(初診料は別)

◆掃除方法
特殊なピンセットを使用して掃除するようです。
耳垢が固まっている場合は薬を耳に入れ柔らかくしてから除去するケースも。

痛みも少なくしっかり取ってくれて値段も数百円。なかなか魅力的。
個人的には自分で取りたいですが(笑)

いかがでしょうか?
自分の耳垢のタイプ、状況に合わせて最適な手法を選択しましょう!!

最後に掃除の頻度は2週間に1回程度で十分です。
耳には「自浄作用」と言うモノがあって、産毛が外側に向かって生えています。
それにより耳垢は自動的に外にポロッと出る構造になっています。

耳垢には「耳の保護」と言うちゃんとした役目があるので、
必要以上に掃除して逆に耳を傷つける事が無いようご注意ください!!

まとめ

  • 耳の穴の入口から鼓膜まではたった3cm程度しかない
  • 耳垢には「保湿/抗菌/潤滑」などデリケートな耳を守る大切な役割があった
  • 耳垢には「乾燥」と「湿性」の2タイプがある
  • 耳掃除の道具には自分に最適なものを選択するのが大事
  • 耳鼻科でもプロに掃除してもらえる
  • 耳には自浄作用があるので頻度は2週間に1回程度で十分

気持ちくてクセニなる耳掃除ですが、一歩間違うと耳を傷つけてしまう可能性があります。
無理せず自分に出来る範囲で行い、不安な時は耳鼻科を受診しましょう。

最後まで読んで頂き、ありがとうございました。

スポンサーリンク

関連記事

耳に水が入って抜けない時の対処法一覧とNG行為

「プールで泳いでる時に」 「お風呂でシャワーを浴びている時に」 「海水浴で波にのまれた時に」

記事を読む

耳の構造

大人の中耳炎の症状は!?よくある原因から治療法まで

「大人は子供より中耳炎になりづらい」 「大人の中耳炎は治りづらい。しかも症状が辛い」 中

記事を読む

子供 風邪

子供の中耳炎の症状は!?熱がでた時の対処方法

「子供が耳が痛いと泣いている」 「熱もあるしどうすればいいのか!?」 「名前を呼んでも反応しない

記事を読む

頭痛

耳が痛いし頭痛も酷い。そんな時の応急処置から原因まで

「耳が・・・痛い!!」 「頭も痛い~~!!」 耳の中がズキズキ、触るとビリビリ痛い。更には頭

記事を読む

PAGE TOP ↑