*

耳が痛いし頭痛も酷い。そんな時の応急処置から原因まで

公開日: : 最終更新日:2015/10/23 耳の病気・掃除

頭痛「耳が・・・痛い!!」
「頭も痛い~~!!」

耳の中がズキズキ、触るとビリビリ痛い。更には頭痛まで。
思わず「くっ・・・」と耳周辺をおさてしまうような痛み。本当に辛いですよね(泣)

まだ経験が無くても、それは突然やってくる可能性があります。
あるいは、子供など家族がそうなる場合もあります。

そうなった時に応急処置は何が出来るのか?
どんな原因が考えられるのか?

事前に少しでも知識があれば不必要に慌てる事もありません。
今回はそんな「もしも」のための予習記事です。

スポンサードリンク

耳&頭が痛い時の応急処置(=暫定対応)

痛くなっても夜間だったり痛すぎたりで、すぐ病院に行けるとは限りませんね。
「まずはこの痛みをどうにかしたい!!」そんな時の対処法を以下に整理します。

あくまで「暫定対応」です。一時的に痛みは退くかもしれませんが、
後日ちゃんと病院に行ってプロの判断&処方をしてもらい「元から」改善しましょう!!

何事もそうですが、素人判断は危険ですφ(..)

痛みを和らげる

◆市販の痛み止め、鎮痛剤を飲む

痛いのを我慢し続けても体力を消耗して弱るだけ。
まずは痛みを抑えましょう。

薬は個人の相性やお気に入りがあると思いますが、個人的に一番おススメは「ロキソニンS」
頭痛が酷かった際に服用しましたがその効果に感動!!以来、我が家の常備薬です。

◆痛い部分を冷やす

目的は血液の循環を抑えること。
痛い部分は炎症等により血液や膿で神経が圧迫されています。

冷やして少しでも圧を解消させましょう。
氷枕や冷えピタなどがおススメです(冷やし過ぎにはご注意ください)

以上が暫定対応です。

やれる事をやった後はゆっくり休み痛みが退くのを待ちましょう。
ストレスや風邪、疲れている時などトラブルは体が弱っている時に起こります。

まずはしっかり休んで体力回復!!

以降では「何で痛くなったのか?」考えられる原因を整理します。

スポンサードリンク

なぜ耳&頭が痛くなったのか?原因は?

病名ごとに症状と原因を記載しますが最も多いのは中耳炎と外耳炎です。
今後の説明のために、まず簡単な耳の構造を記載します。

耳の構造

中耳炎

中耳炎は中耳で炎症を起こしてしまう病気。
大きく分けて急性中耳炎と滲出性中耳炎の二種類があります。

今回は痛みを伴う急性中耳炎に注目。

症状

  鼻水・頭痛・耳痛・めまいなど
  泣いてしまうくらいすごく耳が痛い
  片側の耳がよく聞こえない
  痛みが収まった後も耳の聞こえが悪い

原因

  風邪
   ⇒鼻やのどにある菌が耳管を通って中耳に入り炎症を起こします。
    特に子供は大人よりも耳管短く、太く、まっすぐなためこの影響を受け易いです。
    風邪をひいている最中に「耳が痛い」と言われたらほぼ該当。。。

  ストレス
   ⇒過度なストレスにメリットはありませんが、耳にも悪影響があります。
    耳管の免疫力が下がり中耳に菌が入り込み炎症を引き起こします。
    
治療により痛みは数日で収まり始めます。
ただ、聞こえの悪さが週単位で残ったり、完治までは数か月かかるケースもあります。
左右の聞こえ方が違うので結構違和感を感じるようです。

現代人が避けては通れないストレス。気になる情報をまとめています。
⇒「「ストレス」ってそもそも何?解消方法に運動はなぜ有効なの?

外耳炎

外耳炎は外耳で炎症を起こしてしまう病気。
アレルギー、乾癬、湿疹など皮膚にトラブルを抱えている場合は特になりやすい。

症状

  かゆみ、痛み、白や黄色の分泌物など
  泣いてしまうくらいすごく耳が痛い
  ※食事や飲み物など顎を動かす動作や、耳を触るだけでも激痛に・・・

原因

  大半は、耳かきや爪で外耳道に傷をつけること。
そこから炎症が広がる。
  正しい耳かき⇒「耳垢掃除のコツ。その方法、実は逆効果かも!?

  一度完治しても何度も外耳炎になる場合は必ず病院に行きましょう!!
  糖尿病や免疫疾患の可能性があり要注意です!!

後頭神経痛

読んで字の如くですが、後頭部の神経が刺激されて起こる痛みです。

症状

  耳の後ろや後頭部がキリキリと痛くなる頭痛が主な症状
  その他にも目の奥の痛み、肩凝り、耳鳴り、めまい、髪をさわるだけでも痛いなど。
  痛む場所、期間に個人差があります。

原因

  精神的なストレス:筋肉の緊張により神経が圧迫
  肉体的なストレス:デスクワークなど長時間同じ姿勢で筋肉が緊張し神経を圧迫
           ※猫背など姿勢の悪い人も要注意です。

ストレッチはコレが簡単でおススメです↓

冒頭の応急処置で痛みを和らげるために「患部を冷やす」と書きましたが、
神経痛の場合は逆効果の場合もあります。

筋肉の緊張により神経が圧迫されているのであれば「温めて筋肉を弛緩する」のが効果的。
少し試してみて臨機応変に対応しましょう。

まとめ

  • 痛い時の対策①市販の痛み止め、鎮痛剤を飲む
  • 痛い時の対策②痛い部分を冷やす
  • 痛みが治まったらちゃんと病院に行きプロの判断をしてもらう
  • 耳の痛みの原因で最も多いのは中耳炎と外耳炎
  • ストレス、耳掃除が原因の一つとして考えられる


辛い痛みとはなるべく関わりたくはないですね。
そのためにも日頃から出来る予防を意識する事が大切です。

お互い健康で楽しい日常を過ごしましょう!!

最後まで読んで頂き、ありがとうございました。

スポンサーリンク

関連記事

耳に水が入って抜けない時の対処法一覧とNG行為

「プールで泳いでる時に」 「お風呂でシャワーを浴びている時に」 「海水浴で波にのまれた時に」

記事を読む

耳の構造

大人の中耳炎の症状は!?よくある原因から治療法まで

「大人は子供より中耳炎になりづらい」 「大人の中耳炎は治りづらい。しかも症状が辛い」 中

記事を読む

耳掃除の画像

耳垢掃除のコツ。その方法、実は逆効果かも!?

「あぁ~気持ちぃ~」 「お~!!大物がゴッソリ取れた~」 ちょっと汚いですが耳掃除での会話で

記事を読む

子供 風邪

子供の中耳炎の症状は!?熱がでた時の対処方法

「子供が耳が痛いと泣いている」 「熱もあるしどうすればいいのか!?」 「名前を呼んでも反応しない

記事を読む

PAGE TOP ↑