*

美味しいおにぎりの作り方!!目指せ「おふくろの味」

公開日: : 最終更新日:2015/10/23 10月, 11月, 12月, 1月, 2月, 3月, 4月, 5月, 6月, 7月, 8月, 9月

入学子どもイラスト
「口の中でホロホロっとご飯がほぐれて、
口の中いっぱいに優しく広がるお米の旨み・・・」

遠足、運動会、ハイキング、ちょっとした外出etc・・・
おにぎりを食べる機会は沢山ありますね。

楽しいイベントの時に食べる昼食の定番「おにぎり」。
「美味しいおにぎりはそれだけで弁当の主役になれる!!」

そう思っているのは自分だけではないハズ。
「日本人に生まれて良かった~」と毎回幸せを感じる瞬間です(笑)

人を幸せにするシンプルかつ奥が深い「おにぎり」。
各過程のポイントを抑える事で味はグッと良くなります。

どうすれば美味しく出来るのか!?
まとめました(*^_^*)b

スポンサードリンク

どんなおにぎりが美味しいのか!?

「炊きたての熱々ごはんに少し塩をまぶして食べる」

コレ。最高&最強です!!
本当に心の底から「あぁ~美味しい~」って思います。
美味しいご飯がある。それだけで純粋に幸せ(笑)

が、冒頭のイベントの際はそうもいきませんね。
と言う事で、「握ってから時間が経過して冷えても美味しい事」

これが今回の「美味しいおにぎり」の条件です。
ところで、「美味しい」って人は具体的にどう感じるのでしょうか?

人は味をどうやって感じるのか?


「舌の表面にある味を感じる細胞(味覚)に、
唾液を通して食べ物の中の味の成分が到達する」

これにより味を感じます。
と言う事は・・・

「ギュっギュっ」と握られた固いおにぎりより、
「コロコロっ」と優しく握られて、食べた時に「ホロホロっ」とほぐれる

それぐらい空気層がある状態の方が唾液が

⇒ご飯一粒一粒に行きわたる
⇒うま味成分を沢山とりこめる
⇒美味しく感じる。

と言う事になります。

では、どうすれば食べた時に「ホロホロっ」とほぐれる
「美味しいおにぎり」を作れるのか?順に記載します。

スポンサードリンク

美味しいおにぎりの作り方

工程は大きく分けて「研ぎ方」「炊き方」「握り方」の三部構成です。

研ぎ方


「研いじゃいけません!!」

「何をいきなり訳のわからん事を(怒)」
と思われたかもしれませんが、ちゃんと理由があります。

そもそもなぜ米を研ぐのか?ごはんを炊く前に米を研ぐ目的は
『精米したコメの表面についているぬかやゴミを取り除くこと』

なので正しいイメージは「洗う」です。
3-4回程度水を入れ替えるくらいで十分。
うっすら米が透けて見えるくらいの透明度でOK。

もし「研ぐ」のイメージで「ゴシゴシ」or「グリグリ」していた方は要注意です。
こうすると、お米が割れたり傷ついたりしてお米の「でんぷん」が溶け出します。

「でんぷん」は「のり」としても使用されるように粘性があります。
なので、ご飯が「べちゃべちゃ」になります。

先程の「ホロホロ」の正反対。
残念なおにぎりにならないよう優しく「洗い」ましょう。

炊き方

厳密には炊いた後の工程です。


ご飯が炊けたら放置せず熱いまますぐご飯粒を混ぜます。

※おひつやボウルに移し、うちわ等で扇げるとベスト

こうして空気に触れさせる事で余分な水分を飛ばします。
そうする事で、米と米の間に適度な空気の層が出来ます。

このひと手間が冷めてもふっくらとした状態を保ってくれます。

サボると米粒同士がひっついたり、炊飯器のふたの裏の水蒸気がご飯につく事で、
冷えた時の「べちゃべちゃ」の原因になります。

握り方


中はふんわり外は崩れない程度にかっちり

これが鉄則です!!

冷えるとうまくまとまらないので、なるべく熱いうちに握ります。
※火傷しないようご注意ください。

おススメなのはご飯を軽く両手で包んで上下に振る手法。
ちゃんとまとまりますし、ご飯同士も必要以上にくっつきません。

「おにぎりと言えば3角形だ!!」

と言う場合は、上記の後に優しく形を整えて下さい。
※あくまで整えるレベル。握っても3~5回くらい(プロもこれくらい)

「ご飯粒の間に空気層をちゃんと残す」これがポイントです!!

「どのくらい水はつけていいのか?」
「塩の量はどれくらいか?」

についてはこちらの動画が分かりやすいです。

まとめ

  • 食べた時に「ホロホロっ」とほぐれるくらいの固さが良い
  • お米は研がずに「洗う」イメージで優しく
  • 水の交換は3-4回程度でOK
  • 炊いた後は放置せず熱いまますぐご飯粒を混ぜ余分な水分を飛ばす
  • 握る時は中はふんわり外は崩れない程度にかっちり
  • 中に入れる具、塩の量、おにぎりの固さは自分や家族の「好み」があります。
    沢山作れば作るほど「これが我が家のおにぎり(=おふくろの味)」となります。

    美味しくつくって、皆で楽しく食べて
    「我が家だけのおにぎり」を目指しましょう!!

    最後まで読んで頂き、ありがとうございました。

    スポンサーリンク

    関連記事

    年賀状

    年賀状が元旦に届くのはいつまで!?遅れた時の対処法は!?

    「気が付いたらもう1年が終わっちゃうよ!!」 「今年も1年あっと言う間だった~」 毎年毎

    記事を読む

    世界最大の鯉のぼり

    五月晴れ。実は五月の事じゃあない!?

    最近は初夏のように暑いですね。 もう「五月晴れ」の域を超えている!? どこまでが「五月晴れ」

    記事を読む

    夏バテの画像

    夏バテに効く食事は何?どんな対策が正しい?

    「暑いからゴハン食べたくない~」 「冷たいジュースいいね。アイス、最高だね!!」 暑

    記事を読む

    ホワイトデー

    ホワイトデーのお返しは!?人気ランキングからプランまで

    「バレンタインデーのお返しには何がいいだろう?」 「気になるあの人にどうすれば気持ちが伝わるか

    記事を読む

    光の画像

    紫外線対策。どんな方法が効果的?そもそもシミって何?

    「紫外線は肌の敵」 女性はもちろんですが、 最近は男性も意識する方が増えています。 若

    記事を読む

    お年玉の相場は小学生からこのルール適用でずっーと悩まない‼︎

    「小学2年生のあの子には、お年玉いくらあげればいいかな?」 「他の小学生は大体いくらくらいもら

    記事を読む

    恵方巻きの食べ方は⁉︎方角以外にもあるルールとその理由

    「恵方巻きって何のためにするの⁉︎」 「何で決まった方角を向かなきゃいけないの⁉︎」 「方角

    記事を読む

    お風呂の画像

    お風呂の鏡についた水垢をガッツリ落とす方法

    「お風呂場の鏡にこびりついた頑固な水垢が取れない」 お風呂掃除する時に必ず突きつけられる難

    記事を読む

    こいのぼりの画像

    こどもの日の由来は?何のため?何するの?

    5月5日は子供の日。 自分が子供の頃は 「GWの中の1日」 くらいの感覚でそれ以上

    記事を読む

    こいのぼりの画像

    こいのぼりの季節到来。気になるアレコレ調べました

    大空を優雅に泳ぐ鯉のぼり。 そもそも何のために飾るのか? 目的、サイズ、お値段、

    記事を読む

    PAGE TOP ↑