*

大人の中耳炎の症状は!?よくある原因から治療法まで

公開日: : 最終更新日:2015/10/23 耳の病気・掃除

耳の構造
「大人は子供より中耳炎になりづらい」
「大人の中耳炎は治りづらい。しかも症状が辛い」

中耳炎については周囲からちょくちょく話を聞く事があります。
ただ実際のところどうなのか?具体的な症状/治療方法/期間/原因は?

素朴な疑問が沢山出てきます。
スッキリしないので、疑問を一通り整理してみました。

「何か耳が痛い。違和感が・・・」
そんな時に活用下さい。

スポンサードリンク



大抵の場合、中耳炎は「急性中耳炎」と「滲出性中耳炎」に分類されます。

それぞれで症状/原因/治療法で記載します。

急性中耳炎

「痛い中耳炎」です。

症状

  • 鼻水・頭痛・耳痛・めまい
  • 泣いてしまうくらいすごく耳が痛い
  • 片側の耳がよく聞こえない
  • 痛みが収まった後も耳の聞こえが悪い

実際に経験した方の症状を一部紹介すると、

  • 薬飲んでも熱が2日間くらい38度以上続く
  • 寝てれば眩暈は治まるが、気持ち悪さ、耳の痛み、頭痛は良くならない
  • 耳の閉塞感が続いて良く聞こない
  • 発熱、悪寒、耳の後ろが痛み目眩がする

高熱
などなど、仕事や車の運転、日常業務での会話等々で不都合が発生します。
管理人も経験したことがありますが、片耳だけでの生活は非常に不便です(泣)

それだけでもイライラしているのにその上、痛みも同時となると・・・辛いですね。
次はなぜ中耳炎になると耳が痛いのか?そもそもなぜ中耳炎になったのか?「原因」です。

原因

①痛みの原因
「中耳」と言われる部分が炎症を起こし、圧がかかることで神経が圧迫され痛みます。
鼓膜が内側から圧により押される事でも痛みます。

②急性中耳炎になった原因
代表的な原因として以下が考えられます。

風邪

⇒鼻やのどにある菌が耳管を通って中耳に入り炎症を起こします。
特に子供は大人よりも耳管短く、太く、まっすぐなためこの影響を受け易いです。
風邪をひいている最中に「耳が痛い」と言われたらほぼ該当。。。

ストレス

⇒過度なストレスにメリットはありませんが、耳にも悪影響があります。
耳管の免疫力が下がり中耳に菌が入り込み炎症を引き起こします。

スポンサードリンク

治療法

  1. まずは痛みを止める(2~3日ほど続くので痛み止めで乗り切ります)
  2. 「みみだれ(うみ、耳漏とも)」が出たら拭く(耳の中は耳鼻科で)
  3. すごく強い時は抗生剤を飲む(基本的には使わない)

泣いてしまうくらい痛いのでまずは痛みに対処。
病院に行けないくらい痛い場合は以下記事参照ください。
耳が痛いし頭痛も酷い。そんな時の応急処置から原因まで

滲出性中耳炎

あまり聞きなれないですが「痛くない中耳炎」です。
「しんしゅつせいちゅうじえん」と読みます。

痛みが強い時期を「急性中耳炎」、
痛みが治まってからを「滲出性中耳炎」と使い分ける場合もあります。

「中耳」に液体がたまる中耳炎
です。
こうなると音を伝搬する鼓膜や耳小骨の動きがわるくなり、聞こえが悪くなります。

症状

  • 耳が詰まった感じがして聞こえが悪い
  • 自分の声が耳の中に響く
  • あくびをするとポコポコ音がする(プールで水が入った感覚)

聞き耳

登山や車で山を登った際に、耳が「キーン」となって聞こえづらくなった経験はありませんか?
あんな感覚です。大人は自覚できますが、子供は気付かない場合もよくあるそうです。

ちなみに、もし子供に以下のケースが該当した場合は中耳炎の可能性があります。
※単純に耳垢がたまっているだけかもしれませんが・・・

  • テレビの音を大きくするようになった
  • しゃべる声が大きくなった
  • 呼んでも気付かない
  • 頻繁に耳をさわる

気になった場合は耳鼻科を受診しましょう。
放置しておくと将来難聴になってしまうことがあります。
早期に発見&適切な治療を受ける事が大事

原因

耳の機能が低い
滲出性中耳炎は「10歳以下」と「50~60歳代以降」の2つの年齢層に多く見られます。
耳の機能は10歳くらいまでは未熟なため、50~60歳代以降は加齢による機能低下です。

治療

中耳の液体を取り除きます。
耳鼻科の先生が状況に合った治療法を提案してくれます。
代表的なのは、

  • 耳管通気:鼻咽腔の耳管の開口部から空気を送り込んで通りをよくする
  • 鼓膜切開:鼓膜に穴を開け液を取り除く(鼓膜は数日で治る)
  • 鼓膜チューブ留置:鼓膜にチューブを挿入する

医者

大体1週間ごとに通院し経過観察していきます。
大切なことは最後まで治療すること

痛みが無い場合は「治った!!」と素人判断しがちです。
中耳炎の治療のゴールは、中耳の液体が完全になくなり、聞こえが元に戻ること。

勝手に治療を中断してうみが残っていると、中耳炎を再発させる原因になります。
治療には数ヶ月かかることも多く治りにくいのが特徴です。

「完治です!」と言われるまで根気よく通いましょう!!

まとめ

  • 中耳炎は「急性中耳炎」と「滲出性中耳炎」に大別される
  • 急性中耳炎の症状は頭痛、めまい、耳の痛み、聞こえづらさなど
  • 急性中耳炎の主な原因はストレスや風邪。治療は痛みと抑える事から開始
  • 滲出性中耳炎の症状は耳が詰まったり、耳に水が入った感覚
  • 耳の機能低下が主な原因で治療は中の水を取り除く事から
  • 中耳炎は治療に時間がかかり、完治しにくい病気。根気強く通院する

急性中耳炎の症状は辛そうですね。
出来れば経験することなく過ごしたい(*^_^*)

もしなってしまったら即通院!!
素人判断6我慢する事はせず、早期発見早期治療を心がけましょう!!

最後まで読んで頂き、ありがとうございました。

スポンサーリンク

関連記事

耳掃除の画像

耳垢掃除のコツ。その方法、実は逆効果かも!?

「あぁ~気持ちぃ~」 「お~!!大物がゴッソリ取れた~」 ちょっと汚いですが耳掃除での会話で

記事を読む

耳に水が入って抜けない時の対処法一覧とNG行為

「プールで泳いでる時に」 「お風呂でシャワーを浴びている時に」 「海水浴で波にのまれた時に」

記事を読む

頭痛

耳が痛いし頭痛も酷い。そんな時の応急処置から原因まで

「耳が・・・痛い!!」 「頭も痛い~~!!」 耳の中がズキズキ、触るとビリビリ痛い。更には頭

記事を読む

子供 風邪

子供の中耳炎の症状は!?熱がでた時の対処方法

「子供が耳が痛いと泣いている」 「熱もあるしどうすればいいのか!?」 「名前を呼んでも反応しない

記事を読む

PAGE TOP ↑