*

歯茎が腫れて痛い!!応急処置から日頃の予防まで

公開日: : 最終更新日:2015/10/23 虫歯、歯周病、口内環境改善

虫歯の画像「歯茎が腫れて痛い」

あなたも1度は経験ありますよね?
管理人は昔ちょくちょくありました。

ズキズキ、シクシク・・・
軽度なものから痛くて食事もできない。
そんな日常生活に支障が出るレベルまで・・・

何とも言えないあの痛みは本当に辛いです(泣)
そうなった時にどうすればいいのか?

対策と原因。そこから分かる日頃の予防手段まで。
「口内環境を清潔に保つ!!」そう決意している自分ですが、
「もしも」の時の備忘録として整理しました。

スポンサードリンク

歯茎が腫れて痛い時の暫定対応(=応急処置)

痛くなってもすぐ歯医者に行けるとは限りません。
「けどツライんだ!!」そんな時にどうすれば良いのかを以下に整理します。

あくまで「暫定対応」です。
後日ちゃんと歯医者に行ってプロに観てもらいましょう!!

後述しますが、歯や歯茎の素人判断は致命傷につながる場合があります。
※何事もそうかもしれませんが・・・

痛みを和らげる

◆市販の痛み止めを飲む
 痛いのを我慢し続けても体力を消耗するだけ。
 悪化はすれど回復はしません。

 薬は個人の相性やお気に入りがあると思いますが、
 個人的に一番おススメは「ロキソニンS」

 頭痛が酷かった際に服用しましたがその効果に感動!!
 以来常に我が家に常備されています。

◆痛い部分を冷やす
 目的は血液の循環を抑えること。
 腫れて痛い部分は、血液や膿で圧迫されています。
 冷やして少しでも圧を解消させましょう。

悪化を防ぐ

◆うがい薬で消毒する
 腫れの原因は細菌である場合がほとんど。
 殺菌作用が強い&刺激が少ないもので消毒しましょう。

 お勧めは「コンクール」
 毎日寝る前にうがいで使用しています。

 歯医者さん曰く「虫歯になりやすい唾液」のようで、
 朝起きると口の中がネバネバしていました。
 ※原因は細菌の繁殖です(泣)

 気分的にも衛生的にも良くないので
 歯医者さんに紹介されたのがコレでした。

 歯磨き後に2,3滴入れてうがいするだけ。
 とっても簡単。刺激もほぼ無し。料も少ないから無くならない(笑)

 しかも朝起きた時に口の中がネバネバしない!!
 =細菌の繁殖を抑制出来ている!!

 今となっては欠かせない愛用品の一つです(笑)

◆優しく歯磨きする
 歯茎が痛いからと言って歯磨きをしないと細菌は増え続けます(=痛み悪化!!)
 とは言え、痛い部分は歯茎が弱っています。優しくブラッシングしましょう。

 強く磨くと、逆に傷つけてしまい悪化します(泣)
 市販の柔らかい歯ブラシを使うのも有ですね。

以上が暫定対応です。
最後に、やれる事をやった後はゆっくり休みましょう。

歯茎は体の変化を敏感に感じ取る場所です。
風邪や疲れている時など、体が弱っている時に起こりやすいです。
しっかり休養をとって体力を回復させましょう!!

痛みで辛い場合は休んで頂きつつ、
「そもそも何で腫れて痛くなったのか?」

原因が気になった時のために以下に整理します。

スポンサードリンク

なぜ歯茎が腫れたのか?原因は?

結論から言うと犯人は「歯周病菌」です。
後日歯医者に行った際にも恐らく同様の事を言われると思います。

お口のトラブルは他にも沢山ありますね。
良く聞く項目としては・・・

「歯茎の色が赤黒い」
「歯がグラグラする」
「歯磨きをすると毎回出血する」
「朝起きると口の中がネバネバしている」
「冷たいモノを飲んだり食べたりするとしみる」
「口臭がひどい」

こんな感じでしょうか?
そして、これらの全てに「歯周病菌」が絡みます。
つまり「歯周病の疑いあり!!」です。

歯周病は怖い病気で、ひどくなると歯を失う事態になります。
※先ほど「ちゃんと歯医者に行って下さい」の理由はコレです。

日本人の7割が程度の差こそあれ歯周病の疑い有と言われています。
「歯には自信があるから大丈夫!!」と言う方も例外ではありません。

歯は丈夫でも=土台となる歯茎が丈夫とはならないからです。
そんな恐ろしい歯周病は、どう進行するのでしょうか?

歯周病の進行順序

  1. 食べカスなどと共に歯周病菌が歯の周りに集まり歯垢(プラークになる)
  2. ちゃんと歯磨き出来ないと歯垢が歯石になる(歯磨きで取れない)
  3. 歯周病菌が増殖し、毒素を出す
  4. 歯茎が炎症を起こし、歯と歯茎の間に「すき間」ができる
  5. すき間に更に菌が入る
  6. 「大きなすき間」=歯周ポケットが出来る
  7. 1-6を繰り返し、どんどん悪化
  8. 最終的に歯を支える土台の骨まで侵食され歯が抜け落ちる

最終事象「歯が抜け落ちる」なんて考えただけでもゾッとします。
管理人は過去に歯の神経を抜かれたのでその恐怖がリアルです(泣)
※その悲劇の経緯は虫歯治療。神経を抜かれた後に待つ運命とは?を参照ください。

「歯茎が痛い」は上記4番目。
「歯茎が歯周病菌の毒素により炎症をおこした状態」

考えただけでも嫌ですね。
けど、ここで気付けたのは不幸中の幸い。

最悪の「歯が抜け落ちる」にはまだ至っていません。
適切な対応をする事でまだ十分挽回できる可能性があります!!

とにもかくにもまずは歯医者さんへ行きましょう。
では、日常の予防はどうすればいいのでしょうか?

歯周病予防はどうすればいいのか?

定期的に歯医者さんに行って歯石除去

進行順序を見ると分かるように、
セルフケアで対応できるのは最初の1だけです。

2以降で一度歯石になってしまったらプロフェッショナルケアが必要。
歯周病は歯周ポケット内で静かに進行するため、パッと見分かりません。

なので「どうしても痛みを我慢できなくなって行ったら・・・」
などとならない様、定期健診をお勧めします。

昔と違って最新の歯医者は「トラブルが発覚したら行く」ではなく、
「トラブルが起こる前に未然に防ぐ(=予防歯科)」
の考え方。

管理人も実際に3-4か月に一度定期健診に行っています。
歯石を除去し、歯周ポケットの深さを測り、歯のクリーニングをする。

時間は1時間くらい。料金は2500円くらい。
クリーニング後は歯がツルツルピカピカになり非常に気持ちいい!!

ぜひ体験して頂きたいです(笑)
歯医者の画像

まとめ

  • 痛みがひどい時は「痛みを和らげ」「悪化を防ぐ」
  • 後日、必ず歯医者に行く
  • 歯茎の痛みの犯人は「歯周病菌」
  • 歯周病はひどくなると歯を失う可能性もある怖い病気
  • 定期的に歯医者さんに行って歯石除去し予防歯科に徹する


自分の歯で美味しい物を食べれるのって幸せな事ですよね。
一度失った歯は二度と戻ってきません。

そうならないようには、
「日頃のセルフケア&定期的なプロフェッショナルケア」

出来れば一生付き合いたい自分の歯。大切にしましょう!!

最後まで読んで頂き、ありがとうございました。

スポンサーリンク

関連記事

歯磨きの画像2

虫歯治療。神経を抜かれた後に待つ運命とは?

毎日ちゃんと歯磨きしていますか!? 大抵の方は「Yes」ですね。 けどもし「No」の場合はど

記事を読む

歯磨きの画像

電動歯ブラシで歯磨きの時短&質の向上

朝忙しい時、夜疲れてる時、 歯磨きって結構面倒ですよね。。。 ・歯磨きする時間を短くしたい

記事を読む

歯医者

歯についた歯石の除去は痛い!?気になる内容を実体験レポ!!

「歯医者に行ったら歯石除去されてすごく痛かった」 「うがいしたら血まみれだった」 「あまりに

記事を読む

歯が痛い

親知らず抜歯の痛みはいつまで!?気になる内容を実体験レポ!!

「親知らずが原因で歯が磨けていないですね~」 「親知らずが埋まっている箇所の歯周ポケットが深い

記事を読む

口内炎の原因はビタミン不足!?実はまだあるその他の注意点

「口内炎が痛いからゴハン食べたくない」 「口内炎に当たるからしゃべりたくない」 出来

記事を読む

PAGE TOP ↑