*

渋滞のストレス対処方法

公開日: : 最終更新日:2014/04/05 年間行事

渋滞の画像

年中どこかしらで遭遇する渋滞。

その瞬間から心にザワツキが発生。
どうすればイライラせずに過ごせるか?

考えてみました。

スポンサードリンク

春休み、GW、お盆、正月、花火大会、TDL等々。
お決まり時期はもちろん、通勤、事故渋滞まで。

渋滞は到る所で待ち構えています。。。
通勤渋滞はまだしも、家族で楽しく過ごしたい休日の渋滞は最悪ですね。

時間も無駄。
ガソリンも無駄。
家族もイライラ。
父ちゃんもイライラ。

渋滞から始まる負の連鎖。
あなたはどう対処していますか?

なぜイライラするのか?

まずは原因を明確に。
人はどんな時にイライラするのか?


状況や物事が自分の思い通りにいっていない時

です。シンプル。

渋滞で考えるとどうか?

①早く目的地に着きたいのに着けない。
②時間とガソリンの「無駄」がヤダ。
③嫁の機嫌が悪くなって空気が悪くなる。
④子供が退屈で騒ぎ始めてうるさい。

こんなとこでしょうか?

どう対処するか?

原因がわかったら対策。

①早く目的地に着きたいのに着けない。
  ⇒ハマってしまったものはしょうがない。
   まずは現状を素直に認める。

   そもそも、目的は「家族で楽しむ」 こと。
   自分がイライラして空気を悪くしたら本末転倒。

   
   「どうすればこの時間を楽しく過ごせるか?」
を考えましょう。
   

②時間とガソリンの「無駄」がヤダ。
  ⇒ガソリンの無駄
   
   どうしようもない。
   動かないようならENG切ってしまうのは一つの手段。
   ※夏は無理ですね。A/C効かなくなるので。。。

  ⇒時間の無駄。

   これは価値観の問題なので、
   ①と同じく考え方を変えて対応できます。
   
   
   「どうすればこの時間を楽しく過ごせるか?」
を考えましょう。

③嫁の機嫌が悪くなって空気が悪くなる。
  ⇒なぜ機嫌が悪くなるのか?きっと考えている内容は自分と同じですね。
   なので「無駄な時間」を「楽しい時間」にしましょう。①と同じ。

④子供が退屈で騒ぎ始めてうるさい。
  ⇒退屈さを感じさせなければOKですね。
   対策は①と同じです。

結局当たり前ですが、対策は
「渋滞の時間を楽しく過ごす」 事ですね。

どうすれば渋滞中の時間を楽しくすごせるか?

考えてみました。

パターン①:家族が起きている時

・しりとり
  ⇒王道。ただ子供は以外に楽しんでくれむからOK。

・マジカルバナナ
  ⇒懐かしい。連想ゲームは小さい子には少し難しい?

・私はなんでしょうゲーム
  ⇒出題者が決めた「モノ」を、質問者が質問して当てるゲーム。
   
   例:
   出題者:答えを「ウサギ」に決める(心の中で)
   質問者:それは生き物ですか?
   出題者:はい。
   質問者:大きい?小さい?
   出題者:手で持つことが出来るくらいの大きさです。
   質問者:何色ですか?
   出題者:白だったり、黒だったり、茶色だったり沢山です。
   質問者:何を食べますか?
   出題者:野菜が好きで、特にニンジンが好きです。
   質問者:ウサギ!!

   みたいな感じです。
   質問者のレベルに合わせて回答しましょう。

   質問する力、情報を整理する力が付くゲームです。

・食べる&寝る
  ⇒王道

・DVD
  ⇒王道。子供には効果抜群。
   ジブリ、ディズニーなら大人も一緒に楽しめる!?

・カラオケ
  ⇒ドラえもん。クレヨンしんちゃん。ポケモン。妖怪ウォッチ等々。
   いつも子供が観ている番組のテーマソングが鉄板。
   けど最強はやっぱり「おかあさんといっしょ」

パターン②:家族が寝ている時

・静かに音楽を聞く
・読書⇒集中しすぎないように要注意!!
・目のストレッチ⇒マッサージしたり、遠くを見たり。
・ルービックキューブ⇒始めると時間を忘れて楽しめます。

まとめ

・イライラするのは「状況や物事が自分の思い通りにいっていないから」
・対策は「どうすればこの時間を楽しく過ごせるか?」を考えて実行すること
・具体的には「家族で楽しめるゲーム、TV、音楽を聞く」

これからも何度も遭遇する渋滞。
遭遇しないように事前に情報収集するのが一番ですが、
遭遇したら「試練だ!!」と潔く諦めて精一杯楽しむ努力をしましょう。

言うは易し。
有言実行できるよう頑張ろう!!!

スポンサーリンク

関連記事

渋滞の画像2

渋滞の時に「イラッ!!」とした発言BEST5!!それだけは言わないで・・・

「それ今言っちゃいますか!?」 渋滞にはまっている最中、 「カチン」とくる言葉、ありますよね

記事を読む

PAGE TOP ↑