*

妖怪ウォッチ2本家元祖。違いは!?ストーリーは!?

公開日: : 最終更新日:2014/06/08 未分類

子供がまだ小さい我が家。
妖怪ウォッチはアニメ、妖怪メダルが主役です。

が、ゲーム「妖怪ウォッチ」も絶好調みたいですね!!
そして2014.07.10続編の「妖怪ウォッチ2」も発売します。

どんなゲームなのか調べてみました。

スポンサードリンク

今の妖怪ウォッチの人気はどれくらい?

ゲーム「妖怪ウォッチ」は2013年7月11日に発売。
そこから一旦は人気が落ち着いたものの・・・

11月に「コロコロコミック」でマンガ連載開始、
今年1月からのアニメ開始の2段戦略でV字回復!!

3月末には発売当初と同じ約5万本にまで回復。
累計販売数は100万本を突破しています!!
妖怪ウォッチ販売数グラフ

恐るべし販売戦略・・・

ちなみに歴代のゲーム販売台数はコチラ
ポケモン、スーパーマリオが上位独占!!
自分もハマった初代ポケモンが堂々の1位。何か嬉しい(笑)

妖怪ウォッチはどこまで行くのか!?
今後の展開に注目。

妖怪ウォッチ2はどんなゲーム?

主人公(ケイタorフミ)の祖母が暮す「ケマモト村」で、
「デカニャン」に出会い、妖怪ウォッチ誕生の秘密を探るべく
過去にタイムスリップする。

と言う設定。

過去の世界では「怪魔」のために、
妖怪が「本家軍」と「元祖軍」に分かれ戦う事に・・・

今回はおなじみの妖怪ウォッチではなく、
新たに「妖怪ウォッチ零式」になっています。

8月に発売するようですね。。。
DX妖怪ウォッチもまだまだ品薄なのに・・・

元祖と本家。何が違う?


・仲間に出来る妖怪の種類が違う
・ストーリーが違う(一部)
・入手できるアイテムが違う
・パッケージ版の購入でGet出来るジバニャンのメダルが違う
・友達になれる「妖怪ウォッチのボスキャラ」が違う

「2」では「1」のボスキャラとも友達になれるんですね。
裏ラスボスどんどろも仲間に出来るようです(強そ~)

妖怪ウォッチを持っていると「2」でお得!?

ブチニャン
ガマ口ポーチ付コマさん
蝶ネクタイ付ツチノコ

が友達に出来るようです。

元祖/本家発売と同時に限定3DS発売!?

妖怪ウォッチ ジバニャンパックと言うそうです。

7/10発売=妖怪ウォッチ2と同時発売。
絶対まとめ買いを狙っている・・・

が、ジバニャン可愛い(笑)
お値段据え置きなので初めて買うなら絶対コッチ!!

最初のDSしか知らない自分ですが、
今は3DSでLL版とかあるんですね。。。

18000円はなかなかのお値段。
ソフトと合わせると25000円コース(泣)

まだまだ妖怪ウォッチフィーバーは継続確実!!
こうなったら子供と一緒にトコトン楽しみましょう(笑)

スポンサーリンク

関連記事

年3万円近い節約に貢献する相棒

「飲み物代はお小遣いから」 そんなお小遣い制で会社勤めのあなたへ、 我慢せず簡単にできる

記事を読む

手帳の画像

人生を豊かにする手帳。手帳をつけるメリットについて

あなたはお気入りの手帳をお持ちですか? 7年間、ずっと使い続けている 愛用品を紹介し

記事を読む

IMG_2953

財布は二つ折り!?それとも長財布!?迷った時の選び方

「二つ折りか、長財布か・・・」 財布を購入する際に最初に悩み、 そして最後まで悩む永遠の

記事を読む

プリンター

プリンターのインクが出ない!!ここまでやってダメなら交換

「プリンターは動いてるのに色がおかしい!!」 「クリーニングしてもインクが詰まって色が出ない!

記事を読む

掃除機の画像

掃除機のホースが壊れた!!修理の方法は?

「ねぇ~、掃除機が吸わない~」 嫁から突然告げられた一言。 「うそ~。また壊れたの!?」

記事を読む

103678g

空飛ぶ履き心地!!これじゃなきゃダメと思える靴

外出する時に必ず履く「靴」 履き心地、デザイン、色、値段、etc… 選ぶ要素は沢山ありま

記事を読む

500円

500円玉貯金のコツ!!成功するための簡単なルールとは!?

「500円玉貯金って本当に貯まるの!?」 「楽しく貯め続けるコツはあるの!?」 「貯金箱はどんな

記事を読む

no image

DX妖怪ウォッチGET!!その後の子供の遊び方

嫁が運と努力でGETした妖怪ウォッチ。 早いもので購入から1週間が経ちます。 子供は毎日すご

記事を読む

no image

妖怪ウォッチ2売り切れ続出!?気になる売上数に驚き!!

7月10日に発売した「妖怪ウォッチ2」。 前作の大ヒットもあり、 どれだけ売れてるのかなー?

記事を読む

掃除の画像

なぜ整理するのか?方法と効果

「整理整頓」 物心ついた小さい頃から今に至るまで、 常に言われ続けているこの言葉。 こ

記事を読む

PAGE TOP ↑